7つの特色

“ぎふ国際”は自分にあったクラス・コースを選べ
自分にあったスクールライフを送れます。

多彩な行事
ぎふ国際高等学校は通信制ですが、全日制の高校と同じように年間を通してさまざまな行事を行っています。
また、部活動も盛んに行われています。一日一日がかけがえのない思い出となります。

多彩な行事イメージ

令和元年度 年間行事予定

4月
  • 入学式(6日)
5月
  • 健康診断(13・14日)
  • 進路説明会(18日)
  • 保護者会総会(18日)
  • 新入生歓迎会(20・21日)
6月
  • 春の社会研修(13日・14日)
  • 高等教育機関見学会(22日)
  • 三者懇談(24日~7月末)
7月
  • 学校見学会①(20日)
  • 集中講義(23~31日)
  • 学校見学会②(27日)
8月
  • 夏季休暇(1~18日)
  • 学校見学会③(24日)
  • 学校見学会④(25日)
9月
  • 前期単位認定試験(2~6日)
  • 前期卒業式(21日)
  • 前期終業式(24・26日)
10月
  • 後期始業式(3・4日)
  • 防災訓練(3・4日)
  • 高等教育機関見学会(12日)
  • 秋の社会研修(23・24日)
  • 学校祭(26日)
11月
  • 学校見学会⑤(9日)
  • 学校見学会⑥(24日)
12月
  • 集中講義(3~6日)
  • 学校見学会⑦(14日)
  • 冬期休暇(23~1/9日)
1月
  • 学校見学会⑧(11日)
2月
  • 令和2年度推薦・一般単願入試(1日)
  • 令和2年度一般併願入試(8日)
  • 進路説明会(12~14日)
  • 後期単位認定試験(17~21日)
3月
  • 修学旅行1泊(5・6日)
  • 三者懇談(2~19日)
  • 異文化国際交流講演会(11日)
  • 卒業式(14日)
  • 後期終業式(16・17日)
  • 春期休暇(18日~)
  • 修学旅行2泊(23~25日)

部活動

部活動も盛んに行われています。
一日一日がかけがえのない思い出と
なります。

部活動

  • 美術部
    本校の美術部では、最新のパソコンと板タブが2台あり、アナログでは味わえないイラストが描けます。デザイン系であればどんな創作でも構いません。絵が描けなくても大丈夫です。気軽にお越しください。
  • 図書部
    図書室の静かな空間で落ち着いた雰囲気を味わいつつ、本棚の整理や読書等を行っています。単純に本が好きな だけなので、活動内容はまだまだこれからですが、本好きな生徒が集まれる図書室を作り上げようと考えています。
  • バドミントン部
    全国大会出場に向けて、基礎的な体力づくりや技術的な練習を真剣に行っています。トップアスリートの方に指導してもらうこともあり、技術向上のために努力しています。厳しい面もありますが、みんな楽しく活動しています。
  • 卓球部
    基礎的な体力づくりや技術的な練習を真剣に行っています。その成果もあり、令和元年度は全国大会出場も果たしました。技術向上のため、努力し続けています
  • 音楽部(軽音・ダンス)
    音楽部には、バンド部門・ダンス部門があります。どちらも入部してからはじめた人も多くいます。新入生歓迎会、学校祭などの学校行事のほか、地域の行事のお手伝いに行き、そこで演奏やダンスを見ていただくこともあります。バンドもダンスもコピーが中心ですが、お互い教えあったり、わからないところを相談したりしながら楽しく活動しています。
  • e-スポーツ
    今年度からスタートした同好会です。最近の活動としては全国高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0」に出場しました。記憶・集中・反射神経など様々な「能力」を伸ばす可能性があります。新しい活躍の場となることを目指します。

その他の活動

伊藤 蓮
2年 澁谷 真帆 さん養老町立東部中学校 卒業

生徒会活動

生徒会は、生徒の皆さんの学校生活がより良いものになるように活動をしています。主な活動は、「毎月の目標設定」「生徒会新聞の作成」「(学校祭などの)行事の企画・進行」などがあります。私は、今期初めて生徒会役員になってみて、自分たちの手で学校行事や学校生活を作り上げたり、先輩方から受け継いだものをこれからも進化させ続けたりしていきたいと思っています。

藤村 光
3年 大橋 拓斗くん各務原市立川島中学校 卒業

MS リーダーズ活動

初めは、友人に誘われて活動していましたが、挨拶運動などの地域のイベントに参加していくうちに、地域の人々の笑顔を見ていたら、MSリーダーズの活動が楽しくなってきました。もっとより良い活動になるように、がんばっていきたいです。

このページの先頭へ

さらにぎふ国際高等学校を知る